クラブサンドイッチの魅力

投稿者:

クラブサンドイッチの魅力とカフェやおうちで楽しもう

クラブサンドイッチとは

クラブサンドイッチとは、私たち日本人が考えるサンドウィッチよりも豪華なもので、3枚に重ねたパンにレタスやベーコンやそのカフェなどで得意とするものを入れたちょっと豪華なサンドイッチといえます。
単にサンドウィッチだけでなくポテトを添えて出すのがアメリカ風といえます。
豪快で豪華となると若干大雑把に聞こえますが、そういうことではないようでこれができたきっかけは色々気になるところですが、いくつか見てみましょう。

その由来を見てみよう

まず一つの説は、カジノ同士のクラブを意味しているという点です。
二つのクラブでサンドウィッチを食べながら、ポーカーやルーレットをやっていたようで、気楽に食べることができると受けたようです。
その際にあんまり質素なものですと、嫌われるので少し豪華にしたようで、この説が正しいとすれば、サンドウィッチの発祥もポーカーですから賭けがかかわっていることになります。
次の説は、スポーツのクラブを指していて優雅にご飯を食べながらゴルフなどを行っていたというもので、旅客列車の際に景色を見ながらのんびり食べていたという説など多彩な説があります。
何はともあれ、余裕のある人が食べていたものというのは明白です。
ゴルフ場は、プレイの合間を考えますと食事時間をそれほど取れないので、さっと食べる必要がありましたし、そもそも昔のギャンブルは貴族の遊びでしたし、スポーツや旅行もそういった側面があったので、忙しい時にカフェでゆったりと仲間と話しながら楽しむのがよさそうです。

作り方はどうか

作り方は様々ですが、基本的に鶏肉やベーコンを入れるので、これらをフライパンでじっくりと焼きましょう。
その後溶き卵を焼いて、トマトやサラダ菜をパンにはさめるように切っていきます。
その後パターやマヨネーズやマスタードをパンに塗っていきます。
そしてパンの生地は軽くトーストしまして、それをこの具材をバランスよく挟んでいきましょう。
やはり、カフェなどでゆったりと食べるものですから、あわてないような配慮が必要です。
無理にバターを塗ったり具材を入れるのではなく、最低限の量にしつつ見た目を豪華にするのが重要です。
取れないように、ちょっとおしゃれな爪楊枝を使って、日本やアメリカの旗をつけたりすると雰囲気がとても出るのではないのでしょうか。
魅力的なカフェで、ゆったりとおしゃべりをしたり、こうやって手作りで作り観光などをするなどして、優雅な時間をクラブサンドイッチともに過ごしてほしいものです。

http://www.cafe-otonari.com/about.html

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です