シュープリーズ

投稿者:

カフェで人気のあるサンドウィッチ「シュープリーズ」とは

パンの蓋を開けると思わず歓声が!

カフェで人気のあるサンドウィッチをご紹介します。
それはシュープリーズというサンドウィッチです。
シュープリーズという名前の語源は、フランス語から来ており、サプライズという意味が込められています。
思わず驚いてしまう、素敵なカフェメニューで、パーティーメニューとして人気があります。
大きなパンの蓋を開けてみると、中に小さなサンドウィッチがギッシリと詰まっており、パーティーなどで盛り上がる素敵なメニューです。
シュープリーズのために使用するのは、大型の食パンやカンパーニュというパンや、大型の丸パンです。
カフェによっても、使用するパンが違うので、お店によって、色々なものがあります。
中には蓋になる部分に、おしゃれな模様を付けたパンもあります。

大勢で頂くのが楽しいシュープリーズ

シュープリーズの楽しみ方は大勢で頂くことでしょう。
そのため、カフェでのパーティーメニューとしてもってこいのメニューでもあります。
最近では、お店を貸し切って結婚式の二次会や誕生日パーティーなどを行えるところもありますので、みんなで楽しく頂くとよいでしょう。
中には専門店もあり、好きなパンのタイプを選んでオーダーすることも出来るお店もあります。
お店で作ってもらうには、数日前から予約が必要なところもあります。
家で持ち帰り、家族や友人達と一緒に仲良く頂くのも、このサンドウィッチの楽しみ方といえるでしょう。

カフェみたいなシュープリーズを自分で作ってみよう

カフェで売られているようなシュープリーズを自分で作ってみてはいかがでしょうか。
難しそうなイメージがありますが、やってみると意外に簡単に出来ます。
用意するものは大型のパンや食パン一斤を用意しましょう。
水気の出る具材は外のパンケースにしみ出てしまうため、避けた方がよいでしょう。
また具材はなるべく薄いものを用意しましょう。
作り方は、最初にパンの蓋の部分となる上部をスライスしてから、中のパンをくり抜き、さらにくり抜いたものをサンドウィッチの薄さになるようにスライスしていきます。
二枚のパンの裏側には、薄くバターを塗っておくと、具材の水分がパンにしみ込まなくなりますので、忘れずに塗っておくとよいでしょう。
具を挟む時は、なるべく平らになるように薄く具材を挟むのがコツです。
二枚のパンでサンドした後は、ラップで巻き、上からお皿やまな板などで重石をしておくと、パンの厚みが薄くなりますので、中に入れる時に綺麗におさめることが出来ます。
重しをした後は、ラップを外し、食べやすい大きさになるようにして、パンケースの中に入れたら完成です。
みんなが驚く素敵なパーティーメニューの一品になることでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です