薄い生地で食材を巻くブリトー

投稿者:

薄い生地で食材を巻くブリトーはカフェでも人気

日本でも知名度が上がっている料理

薄い生地にハムやチーズといった食材を巻き付けて食べるのが、メキシコやアメリカで多くの人に愛されているブリトーです。
カフェだけでなくレストランや屋台でも提供される事が多く、日本でも多くの店舗で販売されており、生地の薄さが好みだという人も大勢おられます。
小麦粉で作られたトルティーヤという生地を薄く焼き上げて、食材を巻くだけで手軽に作れる料理だからこそ、自宅で調理に挑戦している人も多いです。
一昔前の日本ではメキシコ料理店やアメリカ料理店など、一部の店だけで提供される料理だったのですが、現在は知名度がとても高くなっています。
知名度が上がっている現在では、他の店との味の違いを見せ付けるために、変わった食材を生地で巻いている事をアピールする店舗も増えてきました。
しかしチーズとウィンナーといった、シンプルな食材の選び方をしているものは現在でも人気が高いです。

カロリーの低さが魅力的です

カフェで料理を食べたいけれど、ダイエット中なので摂取カロリーを抑える必要があると考えている方々も、ブリトーならば気楽に口にできると喜んでいます。
トルティーヤは生地が薄い分だけ、摂取カロリーを抑える事ができるという点でも注目されており、日本だけでなくアメリカでもダイエット食として扱われる事が多いです。
店舗によってはトルティーヤで巻く肉類の量を減らし、野菜を多く巻く事によって、ダイエット食として提供されている場合もあります。
生地が薄いながらも食感を楽しみやすいために、少量を口にするだけでも満腹感が得られるという理由で、この料理を愛している人も増えてきました。
肉ではなくインゲン豆などのタンパク質を多く含む食材を使い、身体の健康のために毎日のように食べているという人もいます。
低脂肪で低カロリーなだけでなく、糖分の摂取量も抑えやすいという点も好評です。

メキシカンデザートとして提供される事もある

古くからメキシコやアメリカで、肉類を巻く料理として愛されてきたブリトーですが、現在ではメキシカンデザートとして振る舞われる事も増えています。
トルティーヤをクレープ生地のように扱い、フルーツやクリームを巻く事によって、デザートとして食べている人たちも増加中です。
ダイエット食として提供されている店舗では、フルーツやクリームの量を調節して、摂取カロリーを抑えられるように工夫がされています。
バナナをカットせずに巻き付けてクリームを添えるような、派手な作り方をしている店舗もあったりと、現在では色々な食べ方をされるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です